食事で母乳育児たっぷり解決策!母乳育児は赤ちゃんだけでなく、ママのためにも役立ちます。

母乳育児たっぷり解決策 この食事がママの悩みを解決!

赤ちゃんも大事だけど、ママの方がもっと大事ですよ!







どうして誰も教えてくれなかったの?

早く知っておけば良かった・・・。

損をする前に知っておくべきことがあります。


⇒ 産後、つらくなったママの心に効く!【良書10選】

母乳が出ない!困ったママがしなければならない〇〇

 

母乳,育児,食事

 

母乳が突然出なくなった!

 

どうしようか悩んでいるママ。

 

母乳は赤ちゃんにとって理想の栄養源でもあります。

 

さらに、ミルクのように手間がかからず

 

経済的です。

 

ただ、おっぱいというのは誰でも

 

母乳が楽に授乳できるわけではありません。

 

なかなか出にくい体質的の人もいます。

 

その数は10人に1人といわれているので、

 

母乳が出ないというのは

 

さして珍しいことはではないといえるでしょう。

 

最初は好調に出ていて

 

まだ離乳期でもないのに

 

途中で母乳の出が悪くなったという人もいます。

 

赤ちゃんに十分な量を飲ませることが

 

出来なくなるのでミルクと

 

併用する人も多いと思います。

 

母乳が出ない人、出にくい人、出にくくなった人が

 

母乳の出をよくするとされる対処方法としては、

 

・ママの食事を変える

 

・ママの生活習慣を改める

 

・おっぱいマッサージ

 

・乳管の詰まりをとる

 

・母乳外来で医者に診てもらう

 

これらの方法が考えられます。

 

まず一番最初に取り組みたいのが

 

ママの食事です。

 

母乳がたっぷり出る食事を挙げていますので

 

参考にしてみてください。

 

そして、おっぱいマッサージをしてみましょう。

 

これでもダメなら、

 

医者に診てもらうのが手っ取り早い

 

のですが、赤ちゃんがいるとなかなか

 

医者にも行きづらいかもしれません。

 

そんな時は、母乳促進のハーブティーなどを摂ってみるのも

 

手かもしれません。

 

いずれにせよ、少し母乳の出が悪くなってきたかな、

 

と気になってきたら、早めの行動がいいので、

 

完全に母乳が出なくなった、となる前に

 

今まで述べた対策方法を早めに実践してみてください。

 

また、気をつけて欲しいのは、

 

授乳中に飲める風邪薬・飲んでいけない風邪薬など

 

薬に気をつけることです。

 

意外なものでは、授乳中の湿布もダメなのです。

 

ご存知だったでしょうか?

これはダメ!母乳育児中のママが食べてはダメな、気をつける食事とは

 

母乳,育児,食事

 

母乳育児をやりたいママは

 

次の食べ物には気をつけましょう。

 

・生卵(卵はできれば、加熱したものを食べた方がよい)

 

・牛乳

 

・乳製品

 

牛乳や乳製品は、乳腺を詰まらせるので

 

なるべく気をつけましょう。

 

赤ちゃんの未熟な消化器には負担になる

 

食材なので、とりすぎには注意します。

 

他には、

 

肉類、サラダ油、甘い物、天ぷら、揚げもの、

 

フライ、スナック菓子、冷凍食品、あげせんべい、

 

など、脂っこいものはなるべく避けます。

 

クッキー、ケーキ、チョコレート、コーヒー用ミルクなど

 

糖分の取り過ぎもよくありません。

 

カレールー、シチュー、スパイスや唐辛子などの刺激物など

 

赤ちゃんに多いアレルギー食品になるので

 

これもダメです。

 

じゃあ、何を食べたらいいかですが、

 

ごはんは多めに食べてよし。

 

野菜を煮たり、焼いたりしたもの

 

和食中心であればいいでしょう。

 

 

 

母乳の出が良くなる食生活をこころがけよう

 

母乳,育児,食事

 

母乳の原料はママの血液です。

 

血液の素となる「食べ物」が

 

母乳の栄養を左右することは言うまでもありません。

 

では、一体どんな食生活が

 

赤ちゃんに栄養満点の母乳を

 

たっぷりと作り出せるのでしょうか?

 

 

和食中心の食事がいいのです。

 

 

主食となるご飯は水分が多く含まれているうえ、

 

他の炭水化物に比べて消化もよく

 

皮下脂肪になりにくい食品です。

 

また、昔から日本人に馴染み深い

 

大豆製品(とうふや納豆、味噌など)には

 

たんぱく質のほか、ビタミンをはじめとする

 

さまざまな栄養素が含まれています。

 

また、栄養素の中で母乳の量や質に

 

もっとも影響するのは脂肪です。

 

なるべくなら植物性のものにしましょう。

 

できないなら、動物性脂肪であれば

 

魚を中心にすればよいでしょう。

 

白身魚なんかがお勧めです。

 

ただし、生食よりも焼いたり、煮たりして

 

火を通したほうがよいでしょう。

 

他にも煮物などに多く使われる

 

根菜類(大根やにんじん、ごぼう、れんこんなど)は

 

母乳の出をたっぷりにしてくれます。

 

おひたしなどで出される葉物類や海藻類には

 

母乳をサラサラにする効果もあります。

 

 

このように食生活を変えると、

 

母乳の出が良くなる解決策がいくらでも

 

でてくるわけです。

 

 

メリットいっぱいの母乳育児 赤ちゃんの未来のために

 

母乳,育児,食事

 

母乳は赤ちゃんにとって栄養満点の食品です。

 

これが

 

赤ちゃんにとって母乳の最大のメリット

 

です。

 

ママにとっては、

 

産後の体の回復を助けになること。

 

これが母乳のメリットです。

 

赤ちゃんにおっぱいを吸われると、

 

子宮収縮作用があるため、

 

子宮の戻りが早くなるからです。

 

母乳には赤ちゃんに必要な栄養素

 

(乳糖、脂肪、たんぱく質をはじめ、カルシウム、

 

ビタミン、ミネラルなど)がすべて含まれています

 

赤ちゃんは母乳だけで成長できるのです。

 

母乳は消化吸収しやすいので

 

赤ちゃんが、アレルギーになりにくい。

 

消化不良によるアレルギーを起こすことが少ないのです。

 

おかげで、病気にかかりにくい、丈夫な子になりやすい。

 

母乳には細菌やウィルスが体に侵入して病気になるのを防ぐ、

 

免疫グログリンという物質や、腸内を健康に保つ

 

ビフィズス因子、殺菌作用を持つラクトフェリンや

 

リゾチーム、白血球など、身体を守る物質が

 

たくさん含まれています。

 

これにより丈夫な子になりやすくなり、

 

また母乳をあげている間は病気になりにくいのです。

 

さらに、乳幼児突然死症候群のリスクを減らせます。

 

いわゆる原因不明で突然赤ちゃんが亡くなってしまう、

 

というリスクが母乳育児のほうが少ないことが

 

わかっています。

 

ママにとっては、産後のダイエットになります。

 

母乳を出す、とことはとてもカロリーを

 

費するので何もしなくてもダイエットになります。

 

そして、乳がんなど、婦人病のリスクを減らします。

 

逆に無理に母乳を止めたりすると乳がんのリスクは上がります。

 

また、母乳育児中は生理が止まる場合が多く、

 

これは、子宮が休む期間が長くなるので

 

子宮がんなどのリスクも減ります。

 

母乳育児にはメリットが多いですね。

母乳育児にはこんなメリットがいっぱい!可愛いあなたの子供のために

母乳,育児,食事

 

母乳は赤ちゃんにとって栄養満点です。

 

これが

 

母乳の最大のメリット

 

です。

 

ママにとっても、

 

産後の体の回復を助けになるのは、

 

母乳のメリットですよね。

 

母乳をあげる、おっぱいを吸われると

 

子宮収縮作用があるので、

 

子宮の戻りが促進されます。

 

母乳には赤ちゃんに必要な栄養素として、

 

乳糖、脂肪、たんぱく質をはじめ、カルシウム、

 

ビタミン、ミネラルなどの栄養分が

 

たっぷりと含まれています。

 

だから、赤ちゃんは母乳だけで成長できます。

 

それくらい母乳は栄養豊富なのです。

 

母乳は消化吸収しやすく、

 

赤ちゃんがアレルギーになるのを防いでくれます。

 

消化不良によるアレルギーを起こすことが少ないのです。

 

おかげで、病気にかかりにくい、丈夫な子になりやすくなります。

 

母乳には細菌やウィルスが体に侵入して病気になるのを防ぐ、

 

免疫グログリンという物質や、腸内を健康に保つ

 

ビフィズス因子、殺菌作用を持つラクトフェリンや

 

リゾチーム、白血球など、身体を守る物質が

 

たくさん含まれています。

 

これにより丈夫な子になりやすくなり、

 

また母乳をあげている間は病気になりにくいのです。

 

さらに、乳幼児突然死症候群のリスクを減らせます。

 

いわゆる原因不明で突然赤ちゃんが亡くなってしまう、

 

というリスクが母乳育児のほうが少ないことが

 

最近の研究で分かっています。

 

ママにとっては、産後のダイエットになります。

 

母乳を出す、とことはとてもカロリーを

 

費するので何もしなくてもダイエットになります。

 

そして、乳がんなど、婦人病のリスクを減らします。

 

逆に無理に母乳を止めたりすると乳がんのリスクは上がります。

 

また、母乳育児中は生理が止まる場合が多く、

 

これは、子宮が休む期間が長くなるので

 

子宮がんなどのリスクも減ります。

 

母乳育児にはメリットが多いですね。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ